運命よりきれいになる治療〜小児矯正〜

あの印象的なCMを再現できる治療とは

ちょっと前ですが、綾瀬はるかさんが出ていたSKⅡという化粧品のコマーシャルで、

「運命よりもきれいになろう」

というキャッチフレーズがあったこと、覚えていますか?

この製品を使うことで、もともと持ってい生まれた肌よりも、きれいになろう、という意味なのだろうと思うのですが、

正直「化粧品でもともとの顔が変わるんだったら、苦労せんわい….」と思っていたのは私だけでしょうか?

しかししかし

子供の頃に治療を始める「小児矯正」は

本当に!!

「運命よりもきれいになる」治療といえます!!

前歯や噛み合わせを質の良い材料を使ってきれいに直す「審美治療」も、夢があり、私が力を入れている分野です。それこそ、劇的に見た目を変えることも可能です。しかし、どんなに良い材料を使用しようが、どんなに噛み合わせを整えようが、大人になってからはどうしても変えられないもの。

それは、「顔の骨の形」です。

そこが、大人になってからの治療は「運命までは変えられない」ということの所以です。

 

品のあるスマイルの作り方

私がとても美しいと思う口元は、「ブロードスマイル」。

笑ったときに、唇に合わせて白い歯が奥歯まできれいに並んで見えている。この前歯から奥歯までの歯の並びのことを、歯科用語では「Buccal Corridor(ブッカルコリドオ:ほっぺたに沿った廊下)」と呼びます。

なるほど〜、の命名ですが、この「コリドオ」がきれいに揃うには、上あごがしっかりと立体的に育つことが不可欠です。下唇に沿って歯の先端が触れるような感じで、上図のようにきれいに引き締まった弓のような形の広いスマイルが得られます。きれいなコリドオを持つ有名人といえば、長澤まさみさんや、仲間由紀恵さん、広瀬すずさん、杏さんなど。みなさん、「あ〜、なるほど、あの感じか」とわかっていただけるのではないかと思います!!あの方たちは、間違いなく、矯正治療はしていません。もともと、しっかりとした鼻呼吸があり、上あごが理想通りに成長した結果のあのブロードスマイルです。上あごが広がらないまま大人になってから矯正治療をした人たちは、ごく軽度の方を除いて、歯並びはきれいでも、どこか顔と歯があっていないような、そんな不自然さが残ってしまうことが多いと思います。

 

下の写真の女性。下唇に沿ってきれいに歯が並び、口角まで歯がしっかりと見えています。日本人、西洋人を問わず、健康的で魅力的なブロードスマイルが得られるかどうかは、上あごがしっかりと成長しているかどうかにかかっています。上あごがせまいまま大人になってしまった方にこのスマイルを再現することは、不可能か、できるとしても恐ろしいほどの時間と費用、手間がかかるでしょう。

究極のブロードスマイルといえば、やはりこの方。ジュリアロバーツさん。(写真:映画ノッティングヒルの恋人)

あ〜❤️ 私がイギリスに憧れる大きな要因になった映画のワンシーン。ヒューグラントもええ男っぷりです〜。

さて、現実に戻って。。。。

歯科医院で美しいスマイルを作るには

① 矯正治療やセラミックなどの修復治療を組み合わせた「審美歯科治療」

② 上あごをしっかりと成長させる小児矯正治療。

どちらも、デンタルサロンでできる治療です。しかし、もちろん、②の方が圧倒的に理想的な方法なのは間違いありません。

ただ、本当に「上あごが発達できない要因」から変えていく「育成治療」である私の医院での矯正治療は、小児矯正治療の中でも、お子様ご本人も、サポートするお家の方達も、ちょっとした継続した努力が必要です。その「努力」がどういうものなのか。次回以降のブログで、少しずつお話ししていきます。

 

 

 

 

 

 

関連記事