【白い歯相談室】天然の歯はどこまで白くなるか〜歯のお色の話。

こんにちは。歯科医師の松浦直美です。

歯の色、と聞いて、思い浮かべる色はなんですか?

「歯の色は何色かって?変なこと聞かないで」

そうですよね、歯の色と言ったら、「白」に決まっています。

しかしです。実は歯の色にも、まさに「いろいろ」あるんです。

白いはずの「歯」が、なんとなくくすんでいたり、黄ばんでいたり、ベージュやグレイ、といった暗い色になっていたり。年齢を重ねた歯ほど、歯の色は「白さ」からは遠ざかっていきます。

その「白さ」を回復させるだけではなく、「本来の白さ以上」に明るくしてくれるのが、歯科における「ホワイトニング」です。

*歯科におけるホワイトニング(医療ホワイトニング)については、こちらで詳しくお話ししています↓

さらに、「医療ホワイトニング」と街角の「セルフホワイトニング」の違いをまとめた記事はこちら↓

今回は、歯の色についてのお話です。ここを知ることで、どのくらいの歯の白さを目指すのか、ゴールがわかってきます。

歯の白さを決める「明度」とは

歯科治療で、被せ物をしたりするときに「色」を決める際、参考にするのが下記の「シェードガイド」。世界的にもっとも使われていると思われる「VITA社」のシェードガイドを筆頭に、さまざまなガイドが歯科医院では使われておりますが、当院ではVITA社の他に、日本製「松風」のガイドを取り入れて、被せ物や、ホワイトニングの色合わせに使用しています。(写真は「松風」のガイド)

デザインの勉強をした方や、カラーコーディネートをしてもらったことがある方などは、「知ってるわい!」ということもあるかと思いますが、ここで「色彩」の基本を少し。

色は「色相」「彩度」「明度」と呼ばれる3つの属性を持っています。

「色相」とは、「赤」「黄色」「青」のような色の種類を指します。上も写真でいうと、A,B,C,D、そしてWが、歯の色の種類です。

「彩度」とは、色の鮮やかさの度合いです。 彩度が高ければ高いほど目を惹く効果があります。上の写真では、Aという色の中でも、1〜4に上がるにつれて、「彩度が高い(色が濃い)」ということになります。

最後は、「明度」です。明度とは色の明るさ度合いです。明度が高いほど明るく、白に近づきます。

ホワイトニングでは、この「明度」のみで歯の白さを測っていきます。

先ほどの「シェードガイド」を、「明度順」に並べ変えたのがこちら。「彩度」は、やはり低い方が白いですが、「色相」は、AからDまで、様々混じっていますね。左端の「W」の色相だけは別格で、「ホワイトニング色」と言われる最高の明度です。

ホワイトニングで目指す「歯の明度」は

当院がホワイトニングを導入した当初は、「B1」という色が、最終的なホワイトニングのゴールとされていました。日本人の歯の色の平均が、「A3」と言われていますから、B1は明度で測ってもかなり明るいことがわかります。

しかし、最新のホワイトニングでは、このB1を通り越して、上の明度順に並べた写真の左側にある「W」の色。「ホワイトニングシェード」もしくは「ブリーチシェード」と言われるところまで、白くすることが可能になっています。

ホワイトニングのかつての最終ゴール、B1よりもさらに「明度」を挙げたブリーチシェードは4種類。

この明度のうち、どこまでを目指すかはその方次第。最新の医療ホワイトニングは歯に優しい上、とても効果が高く、一度に5〜7段階ほど明度を上げることも可能。年齢や元々の歯の色などによって、明度が上がりやすい方、上がりにくい方がいらっしゃいますが、繰り返すことで、ほとんどの方が目指すゴールに辿り着くことができます。

自然に、最高の明度を目指す

そこで心配になるのが、「ビックボスみたいな不自然な(わざとらしい)白さにならないかしら?」というところですよね。

でも、安心してください。

歯を削って被せ物をする治療と違って、天然の歯の明度を上げるホワイトニングは、ブリーチングシェードまで持って行けたとしても不自然な白さになることは決してありません。ただ、お顔の色とのバランス、はあると思いますので、真っ黒に日焼けしている方であればB1やA1などの明度でも十分かもしれません。

しかし、色白の方が多い東北では、歯の明度を上げることで、本当に顔色までさらに明るくなり、若返る方が多いのは、確かな事実でもあります。ぜひ、「ブリーチシェード」を目指して欲しいなと思います。

まとめ

ホワイトニングのお話は、何度もこちらのブログで紹介させていただきましたが、今回は、ホワイトニングで目指す「歯の色」について、少し理解していただけたのではないかと思います。

古い前歯の被せ物をセラミックに取り替えたり、前歯の一部にセラミックを被せるなどの治療を予定している方にも、事前のホワイトニングはとてもおすすめです。一度入れたら色を変えることのできない人工の歯を入れる前に、周りの歯を明るくしておくことで、予定よりも白い歯を入れるのですから。

 

 

 

関連記事