【白い歯相談室】安心して任せて大丈夫?オフィスホワイトニングはどのくらいい安全なのか?

こんにちは。歯科医師の松浦直美です。

「白い歯相談室」は、ホワイトニングやセラミックを駆使して、本来よりも白い歯を目指す方法を教えるシリーズです。

ホワイトニングについては、このブログでも何度も取り上げていますが、今日はよくいただく質問であり、私も昔は気になっていた点について、お答えしようと思います。

ホワイトニングは歯に悪くないのか?

当院を訪れる美意識の高い方から時々受ける質問。

ホワイトニングって、繰り返すと歯が傷んだり、体に悪かったりしませんか?

これについては、ホワイトニングが導入されてからしばらくは、私も自信を持った答えを持っていませんでした。

なぜなら、私のように、年齢を重ねていて、しかも歯のすり減りがあるような方は、ホワイトニングがしみたり、歯ぐきにちょっとでもお薬が付着するとヒリヒリと痛みます。若い方でも、過敏な方は「歯がしみる」という症状が出てしまうことがあります。

歯を白くする強い薬」というイメージと重なって、「綺麗にはなるけど歯は傷むのではないか」というご心配は、本当によくわかります。

しかし、ホワイトニングについて勉強を重ね、さらにとてもよい製品が認可されてきている今は自信を持って言えます。

ホワイトニングは、歯に悪くないばかりか、むしろ、歯を美しくした上に強くしてくれるとても良い歯科治療です。

ホワイトニングに使われる薬剤とは

まず整理しておきたいこととしては、ホワイトニング製剤には、「国で承認されているもの」と、「それ以外」のものがあるということ。歯科医院だから、必ず承認されているものを使っているわけではありません。

過酸化水素やトゥースペーストなどを混ぜて工夫し、「オリジナル」で「安価」なホワイトイング剤を作っていることもあるかと思います。もちろんそのこと自体は違法ではありませんが、何かあったときの責任は、すべてその歯科医師と、無認可の製剤の使用を了承した患者さん自身にあると思ってください。

国の承認を得るには、PMDA(医薬品医療機器総合機構)という行政法人の認可を取る必要があり、この承認をえるまでの企業の努力はとても大きいそうです。薬剤の安全性、それに添加されている成分の安全性やその効果に対する信憑性を、科学的エビデンスをもとに厳密な審査が続きます。

そのため、現在日本で認可されているホワイトニング製剤(オフィスホワイトニング用)は、5種類しかありません。海外に比べ、確かに「厳しすぎて、遅れている」感はありますが、逆に認可の下りているものはやはり安全で、その中で効果を出していくのが常道だろうと思います。

中でも、一番最近承認を受けた2種類のホワイトニング製剤(オパールエッセンスブーストと、ホワイトエッセンスホワイトニングプロ)は、pH値を中性に保つなど、歯に対するダメージもなく、漂白成分である過酸化水素の効果を安全に、そして最大限に引き出せる成分を配合しています。

そのため、当院では国内で認可の下りている製品のうち、この最新の2種類のホワイトニング製剤を使うようになりました。

しかし、知覚過敏(歯がしみる症状)を起こす方はどうしてもいらっしゃいます。その場合は、さまざまな対処法がありますので、あきらめずにじっくりと、取り組んでみてください。

ホワイトニングが歯にいい理由

過酸化水素そのものは、極端に高濃度であれば歯や体にダメージを与えます。しかし、ホワイトニング製剤の過酸化水素濃度は安全な濃度を保っており、歯や体に悪影響を及ぼすことはありません。

さらに、先述の最新のホワイトニング製剤は、酸性に傾きやすい従来製品に比べ、pHを弱アルカリ性に保っており、今まで以上に歯の表面のエナメル質に優しい配合になっています。

さらに特筆すべきは、ホワイトニング直後のフッ素の歯に対する浸透性の高さです。

フッ素が歯質を強化してくれることは紛れもない事実ですが、フッ素が最も効果を発するのは歯が生えたばかりの数年間。
ホワイトニングは、この時期を過ぎた大人の歯にも、フッ素がしっかりと浸透するきっかけを作ってくれるのです。この性質を利用して、海外ではホワイトニング製剤そのものにフッ素を添加しているものもあるようですが、ホワイトニングの直後にフッ素を歯に塗ることで、十分にその役割をはたします。

初期の虫歯が、ホワイトニングとフッ素塗布だけで大きく改善したという興味深い研究結果もあります。(*)

まとめ

ホワイトニングは、初めは何度か繰り返して白さを安定させたあとに、定期的に繰り返すことで効果を持続させるもの。「歯や体に悪い」ものであっては絶対にいけません。

妊娠中や、18歳未満のお子様、無カタラーゼ症など、念のためにホワイトニングを禁忌としている場合もありますが、通常はホワイトニングに為害作用はなく、安心して繰り返していただけるものです。

さらに、虫歯が心配な方は、ホワイトニング後に高濃度フッ素を塗布することで、歯の強化を計りましょう。せっかくの白い歯が、虫歯になった、なんてことになったら、いやですからね。

参考文献
Riew Hyun:Effects of Tooth Whitening and Topical Fluoride Application on Shade and Translucency changes in Tooth with Early Caries Lesioin.International Journal of clinical preventive dentistry,2010,7-14

歯科医ランキング

関連記事